【図解】2社間ファクタリングと3社間ファクタリング

スポンサーリンク

スポンサーリンク


複雑すぎるファクタリングの仕組み

ファクタリングを使いたいけど、仕組みが分かりづらくて踏み込めない……。
そんな中小企業の経営者様に向けて、2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの仕組みをご説明いたします!

2社間ファクタリングを図解で説明

スクリーンショット 2018 04 18 12 55 13
(画像引用元:資金調達プロ:ファクタリングに必要な5つの書類とその理由

2社間ファクタリングは図に従うと、以下のような手順で売掛金を現金化して、契約が行われます。

  1. 売掛金が発生している
  2. ファクタリング会社と契約(同時に「集金代行業務委託契約」を結ぶ)
  3. ファクタリング会社が債券を購入したことになるので、御社に現金振り込み(ここで売掛金が現金化!)
  4. 売掛先企業から売掛金を回収(これは契約上、ファクタリング会社の代行)
  5. 売掛金が支払われる
  6. 回収した売掛金をファクタリング会社に入金する

手順は若干複雑に見えますが、ひと言で言えば
ファクタリング会社に債権(売掛)を購入してもらって現金化して、売掛金が支払われたらファクタリング会社に売掛金を振り込む。
ということです。

2社間ファクタリングのメリット

2社間ファクタリングのメリットは2つあります。
売掛先企業にバレない
最短即日で資金化が可能

やはり信用が心配知られたくないという気持ちは誰もが持つものですから、2社間ファクタリングを選ぶ方も多いです。

もし知られてしまったら「銀行からの融資が受けられない」ことや「資金繰りが悪化しているのではないか」といった疑念を抱かれてしまいますよね。

また経営をしていればある日突然現金が必要になることもあります。
2社間ファクタリングは、審査がとても早い(売掛先企業の同意が不要)なため、最短即日で資金化が可能となっています。

とはいえ、2社間ファクタリングにはデメリットもあります。

2社間ファクタリングのデメリット

2社間ファクタリングは債権の回収(売掛金の回収)を経営者様に委ねることとなるため、貸倒れリスクが高いこととなります。

そのため、どうしても手数料が高くなりがちです。

しかしながら、最短即日で資金化できるメリットは大きいのではないでしょうか。

では次に3社間ファクタリングについて説明しましょう。

3社間ファクタリングを図解で説明

スクリーンショット 2018 04 18 12 55 03
(画像引用元:資金調達プロ:ファクタリングに必要な5つの書類とその理由

3社間ファクタリングは一見複雑に見えますが、ひと言で言えば
「売掛先の同意を得る」ファクタリングです。

このためファクタリング会社を利用する経営者様はファクタリング会社から、債権譲渡の同意書を受け取って、売掛先に出向いて同意・捺印をしてもらう必要があります。

この点はファクタリングを利用する経営者様にとって、ハードルが高いかもしれませんね。とはいえ、3社間ファクタリングには手数料の面で大きなメリットがあります。

3社間ファクタリングのメリット

1つ目のメリットは手数料が安いことです。
売掛先がファクタリング会社に直接入金することから、ファクタリング会社の貸倒れリスクが低くなります。そのため手数料は2社間ファクタリングより安めに設定されています。

2つ目のメリットは審査が通りやすいということです。
上に書いたとおり、貸倒れリスクが低いことから、審査も通りやすくなるということですね。

3つ目のメリットは大手ファクタリング企業が提供しているということです。
ファクタリング会社はたくさんありますが、中には悪徳業者がいるとも言われています。

法外な手数料や万が一の際の悪質な取り立てなどです。

しかし大手ファクタリング会社であれば、そのような心配をする必要はないでしょう。

意外なメリット〜個人事業主でも利用できる

通常、2社間ファクタリングは個人事業主は利用できません。しかしながら3社間ファクタリングであれば、個人事業主の利用を認めてくれているファクタリング会社もあります。

事業を始めたばかりで、売掛金が入るまでの資金つなぎが苦しいという方にはぴったりではないでしょうか。

3社間ファクタリングのデメリット

デメリットは上に書いたメリットと逆のこととなります。

  • ファクタリングを利用していることが売掛先に分かる
  • 売掛先の同意がないと売掛金を資金化できない=資金化までのハードルが高い
  • 即日の資金化はほぼ不可能

といった内容です。
ファクタリングを利用していることが売掛先企業に知られてしまうと、信用問題やあらぬ噂の元になりかねませんよね。

さらに即日の現金化も出来ないため、計画的な利用が必要です。

手数料が安い3社間ファクタリングを利用するには普段からの信用関係や計画的なキャッシュ管理を考えておかないといけません。

決してファクタリングはネガティブなものではありません

60日先の売掛金が今すぐに欲しい!
こんな思いはどんな経営者様でも抱いたことがあるはずです。
そして、事業拡大や起業したてで早く資金が欲しい、チャンスを逃したくない!という方には積極的に利用して欲しいと考えています。

ファクタリング会社についてもっと知りたい方へ

ファクタリング会社については、このサイトでいくつかご紹介しています。

【資金調達】ファクタリング5つのメリットと福岡や全国のサービス比較
払えない買掛金をファクタリングで解決する3つのメリット
【解説】福岡、九州地方のファクタリング・トラストゲートウェイ

また問合せをするだけであれば、24時間webから無料でも出来ますので、ぜひ分からないことは問い合わせて頂けたらとうれしいです。

下記のリンクは、日本でも大手の
ビートレーディング
やトラストゲートウェイなどがあります。

どちらも24時間webから問合せ無料ですので、分からないことなどを尋ねてみて下さい。




【PR】ファクタリングを詳しく知りたい方はトラストゲートウェイまで

あなたに適したファクタリングサービスを10秒でアドバイスします。詳細はクリック!
資金調達のプロ

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする