【体験談】国民健康保険の延滞と期限について

スポンサーリンク

スポンサーリンク


国民健康保険料の延滞について

私はうつ病を抱えながら無理矢理働いて、600万円の借金を完済しました。
うつ病なのに働くというと矛盾に聞こえるかもしれませんが、実際はろくに働けない給料泥棒のようなものです。

しかしお金が手に入るならとプライドも捨て、会社にしがみついたわけですね。

何度も延滞しました

給料泥棒のようなものですからたいしたお給料は頂けません。もちろん少額でも頂けるのはありがたいのですが、大半が返済に消えてしまい、その他の水道光熱費や保険料などは何度も何度も延滞しました。

実際に国民健康保険料を延滞した話

さてこの記事では、国民健康保険料を延滞したときのポイント、大切な点をお伝えします。特に自営業やフリーターの方は必須!の記事ですよ。

そもそも国民健康保険料とは

会社員であればいわゆる社会保険(組合保険)に加入し、保険料の約半額を会社が負担、社員は天引きで保険料が引かれる仕組みです。
そのため基本的に延滞するということはないでしょう。

日本は国民全員が保険に加入しないといけませんから、社会保険に入っていない自営業やフリーターの方は国民健康保険に加入することとなります。

原則、毎月銀行引き落とし

保険料の支払いは原則として毎月銀行口座から引き落としされます。この時に現金が用意できなければ延滞となるわけですね。

借金の返済と国保の支払、どちらを優先すべきか

国民健康保険の延滞は決して勧められるものではありません。
しかし借金返済中で生活が苦しいのであれば、一時的に延滞するのもアリでしょう。

衣食住が確保できなければ健康どころの騒ぎではないわけです。

国民健康保険料を延滞する場合のポイント

まず、自分自身が支払わないと行けないものを延滞しているということを忘れないで下さい。
必ず後日納めるという気持ちや行動が大切です。

ポイントは役所への相談

滞納しても最初は連絡も何もありません。
しかし数ヶ月すると、滞納通知とともに振込用紙が送られてきます。

ここが最大の山場です。

この時自ら役所に出向いて、現状を話して下さい

役所によって、生活の状況から分割納付などの手続きやアドバイスをもらえます。

相談に行けばしばらくの間は、国民健康保険を使うことが出来ます。

体験談:私はこうして国民健康保険料を滞納して切り抜けた

国民健康保険料を滞納していた私は上に書いてあるとおり役所に出向いて相談しました。

すると私の場合、前年度から収入が減少しているため保険料の減免措置を受けることが出来、幸い保険料の一部が返還されるという事態に!

正直、かなり驚きましたよ。

国民健康保険料を延滞させてもらいつつ、借金の返済をどうにか切り抜け、役所に相談したらお金が返ってきた。

衣食住を犠牲にしてまで、支払う意味はあるのでしょうか?

借金返済中に、国民健康保険料を支払うのは簡単なことではありません。
もしこの記事をお読みの方で借金返済と国民健康保険料の納入を並行されている方がいたら、ぜひその生活を続けて下さい。

上にも書いたとおり、衣食住合ってこその健康です。支払えないものは延滞させてもらい、きちんと相談して切り抜けていくことが出来ます。

ずっと延滞するとどうなるか

延滞を一定期間(半年〜1年以上)続けると国民健康保険の保険料が交付されなくなります。つまり、すべて自主診療となり病院に行けなくなってしまいます。

そのため延滞して放置することは絶対にしてはいけません。

そもそも保険料を納めることは義務ですから、その義務を放棄することは許されないことだとも思います。

保険料の滞納を続けると数ヶ月〜半年限りの短期保険証が交付されます。

この保険証の有効期間内に滞納分を納付すれば、普通の国民健康保険証がもらえるという仕組みです。
もちろん役所では随時相談を受け付けていますので、ぜひ訪問して下さい。

国保の支払は衣食住を優先して、延滞はやむなし

私たちがいちばん優先すべきことは衣食住の確保です。
その上で保険料や借金の返済が成立します。

もし延滞してしまうようなら、誠意を持って正直に相談してください。

相談していれば、国民健康保険は簡単にはなくなりません。

そして役所に待ってもらっている間、きちんと生活を立て直すために頑張りましょう!

その他、延滞可能な支払いについてはこちらの記事にも記載しています。

延滞可能な各種支払一覧〜国保・奨学金など

ぜひご覧下さい!

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




応援クリックをお願いします!!
↓↓↓


人気ブログランキング

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金(500万円~1000万円未満)へ
にほんブログ村

債務整理の相談ならしおり綜合法務事務所

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする